案山子のAとB

最近の出来事をのんびりと

とあるアニメのソーラン節から

ソーラン節、最近観たアニメで使われたので少しだけ調べてました。 何のアニメかは言わないけど観てた人ならわかりますよね。

 

記事のタイトルがとあるになってますが、とあるじゃないですよ。 聞いた事はあっても、どこで聞いたかは覚えてないソーラン節。小学校の時の運動会とかかなー、なんて思ってるんですが。もう小学校最後の運動会の勝ち負けも覚えてないくらいですからね…。

 

調べてた、と言ってもわかったのは、 元は北海道の民謡だって事。 金八先生で使われてた(南中ソーラン)らしい事。 ソーラン節のソーランはかけ声以上の意味はないっぽい事。 氷川きよしが「きよしのソーラン節」なるものを歌っているらしい事。

 

歌詞を見ただけじゃ自分は歌えそうにない事(笑) ……くらい。 で、振り付け関連の動画も観てみたんですけど… 「あれ?もしかして踊った事ある…?」 最初の構えの時点で見覚えがあってですね。あの片手を前に出してるアレです。

 

でも運動会で踊りましたかねソーラン節。組体操とかはバリバリやってたんですけども。 ただそれ以外に踊る機会もないと思うので…うーん。 そんな感じで、『ソーラン節』を調べた結果! …自分の記憶力の悪さに、なんだか少し泣きたくなりました…。

冷やし中華はじめましたー

最近は寒くなったり暑くなったりですが、暑い日はまだ6月だけど冷やし中華を食べたくなりますよね。

 

スーパーマーケットの食料品売り場では芸能人の方が歌ってる「冷やし中華をはじめましたよー」みたいな歌が流れてて、スーパーマーケットから帰るときには音楽が勝手にリピートされます。

 

そんな作戦に見事にのせられて、暑いときにスーパーマーケットに行くと無意識に「今日は冷やし中華にしようかな?」と考えてます。

 

ただ、錦糸卵は火を使って暑いし面倒なのでうちではやらないようにしてます。 ハムときゅうりをきざんでのっけるだけだけど、甘酸っぱいたれがマッチしてそれだけでおいしいですよね。

さらに紅生姜あったら最高!

 

冷やし中華のタレだけ個別に売ってるし、麺はもしかしたらラーメンの生めんを使えるのかな?とも思うんですが、ゆでる時間も変わってくるかもしれないしなんとなく面倒なので冷やし中華の二食パックを愛用してます。

 

調理も簡単で、すずしくておいしいので、今年の夏も冷やし中華は1ヶ月のうち半分は食卓に並びそうな予感です。

私の幸せはアイスにあり!

多くの女性が大好きであろう甘味。
当然私も大好きでよく食べてます!

特に好きなのがアイス!
甘いものの中でも一位二位を争う一品ですね。
といっても今の時代は商品が多く、どれを食べていいのかわからなくなることも多々。


スーパーだと安い値段で多くのアイスが買えるから迷ってしまいます。
基本的に私はアイスの好き嫌いはなく、なんでも一度は買って食べてます。

アイスってフレーバーがたくさんあるけれど、不思議と苦手なものはないんですよね。


新商品と聞いたら発売された瞬間に買い、味を友人や母に発信してます。
もちろん新商品だけでなく季節限定のアイスも欠かさず買ってて、今ではそういう新しいアイスを買うことが楽しみになってますね♪

 

嫌いなフレーバーは特にないですが、好きなフレーバーならたくさんあります!
一般的なバニラは当然好きですが、たまに出てくるチーズケーキ味のアイス、あれはめっちゃおすすめ!


大好きすぎてアイスのフレーバーとして出たら真っ先に買います!
病みつきになる味で本当にやめられません♪

懐かしの本たち

子供の学校で、なぞなぞが流行っているんだそうです。

自分が子供だったころも流行ったような覚えがあるので、やっぱり時代は巡るものなんですね~

 

なぞなぞの本を買ってくれ!とせがまれたので、買う前に何か見つかるかもと、実家に宝探しに行ってみました。

 

何十年も前の本なのに、しっかりとってありましたよ。
実家の親っていうのは、なんでこんなにあれこれとっておくんでしょうか・・・

 

けれど、そのおかげでたくさんの懐かしい本たちと再会することができました。

 

なぞなぞの本だけでなく、折り紙の本やあやとりの本、おまじないや占いの本まで、色々と持って帰ってきちゃいました。

 

表紙や挿入のイラストなどはちょっと古くさいデザインだったりしますが、内容はなかなかどうして、現代にも通じる普遍的なものばかりで安心しました。

 

これならば子供も納得だろうと自信を持って見せたんですが、意外なところに不満を言われてしまいました。

 

何かというと、私の旧姓がどの本にも油性マジックでバッチリ書かれていたのが嫌だったようです。

 

とりあえず適当に消して、横に新しく名前を書き直してそのまま使わせています。

広告を非表示にする

嫌われても大好き

うちの猫さんとは、出会って10年近くになります。

 

生まれたばかりで弱っていてほとんど行き倒れていたのを、家族が拾ってきたのが出会いでした。

 

スポイトや注射器でミルクを与えたり、排泄の仕方を教えてやったりと、母親がわりで大切に育て上げました。


その結果、弱っていたのが嘘のように、ムチムチの健康的な猫様に成長してくれました。

 

全くの病気しらずで好き嫌いもなく、体も大柄で筋肉質、本当に健康優良児です。

 

それはすごく良いことなんですが、一つだけ気になることがあるんです。

それは、全く私になつかないということです。


私、今の猫さんの前にも何匹もの猫たちと暮らし、そして見送ってきた根っからの猫好きです。

 

生まれた時からかいがいしくお世話したのにも関わらず、全くと言っていいほどなつきません。

 

こんな猫さんは初めてだったので、最初はちょっぴり落ち込みました・・・


けれど、だんだんそのツンツンぶりが魅力的に見えてきて、すっかり嫌われるのにハマっています(笑)。

 

ドSな猫さんとドMな私、これからも末永くお付き合いしていけたらいいなと思っています。

広告を非表示にする

ナメクジとの格闘

我が家の流しの上の所に毎晩、決まって一匹だけナメクジがいます。
毎日、外に捨てたり、塩をかけたりしているのですが夜になると必ず決まって一匹だけが流しの上の所にいるので何だか気味が悪いです。


別にナメクジは人畜無害なのでいいのですが、どうしてもあの見た目があまり気持ちのいいものではないので出来れば出てきて欲しくありません。
まあ、ナメクジさんも空梅雨気味による水不足で大変なのでしょうが、何でよりにもよって我が家の流しの上に出てくるのか理解に苦しみます。


しかしよく考えてみると何故、ナメクジは梅雨の時期になると出てくるのか?

 

梅雨以外は卵のままでカラカラになって雨が降ったら復活して成長するのか?などの疑問点が沸いてきますし、本当に昆虫というのは不思議な生き物でありますし、年をとると感動できるのは自然だけであると認識でき、これからはもっと自然(太陽、木、昆虫、動物)に目を向けれて日々の生活をすればより良い人生になりそうな感じがします。

広告を非表示にする

パン屋めぐり

焼き立てパンが好きです。私もですが、家族も輪をかけて焼き立てパン好き。休日はイートインのある焼き立てパン屋に繰り出します。


その日行く店は出かけるときに決めます。「あそこの○○パンが食べたい」「いいね」「あの店にはしばらく行っていないし、久しぶりに出かけようか」「そうしよう」
いくら好きでも毎回同じでは少々飽きが来るというもの。贅沢な話ではありますが、おいしいパンをもっと食べてみたい。

 

そういうわけで、近隣のパン屋を片っ端から食べ歩きました。幸いなことに、車でちょっとお出かけできる範囲に、おいしいパン屋さんがいくつもあるので、気分次第で選び放題。総菜パンならここ、カレーパンならあそこ、デニッシュが食べたかったらあちらだよね、という風に、食べたいもので決めることもよくあります。


こんなに焼き立てパンが好きならば、いっそ自分で作ってしまってもいいようなものですが、不思議とそんな話にはなりません。やっぱり専門家の作ったおいしいパンをいただくのが幸せなのです。

広告を非表示にする